2008年02月27日

日々に気づき〜それって本気?


今まで本気で、汗水垂らして、睡眠時間を削って、ドロドロになりながら、クタクタでヘトヘトになっても、それでも遥か遠くに見える僅かな光を目指してもがき、あがいたことがあるのだろうか?


ほとんどの人は、スマートに、楽に、楽しみながら、最小の努力でそれを得ようとしているのではないだろうか?
その対価を払おうとせず、それを得ようと必死なだけなのではないだろうか?


そのスタイルは、それはそれでいい。


僕が聞きたいのは、「あなたの人生において、今まで本気になったことがあるのか?」ということである。


本気になったことがある人は、強い。


本気を知らない人は、何をやっても中途半端。


これからでも遅くない。


脱・効率


行動しない奴は、夢を見てはいけない。


そのもがきの中で見える何か、もがきの後に見える何か、それを手に入れたい。
posted by コッティ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

中村文昭

http://www.kurofunet.com/fn/

中村文昭さんの講演CDを聞きました。その語り口調、内容から一気にこの方のファンになってしました。
そこでは、下記のようなことが語られていましたので、備忘録てきにまとめておきます。

-------------------------------------------------------

サービス業の極意: 客の予測/期待を上回ること



成功の秘訣は、成功するまで諦めない決意である。



将来、自分の体験を元に本(自分史)を書こう。
負けて負けて負けて負けて、でも最後には勝つドラマティックなストーリーに。
人生は、自分史のネタ作りである。



宣伝広告費はゼロ、口コミのみでレストランを有名にした。今の客が営業マンになって、将来の客を呼び込む。
宣伝広告費は短期的な売り上げ、長期的に確実なのは口コミである。



新幹線で隣り合わせた新幹線友達リストを300人作る!
→出会いなんかどこにでも落ちている。そのネタにするために、新幹線での友達アタックを開始。自分のコミュニケーション能力を高めることにもなる。
新幹線での点での出会いを線に、面にするために、ホームで別れてすぐに貰った名刺宛てにハガキを書く。


本気を積み上げていくことしかない。
最終的には、素直な心。
→「でも、、、(できない理由が続く)」は言わない。


■中村さんの人生の最初の師匠・タバタさんから中村さんへの教え

判断基準が「損得」ではつまらない!
→普通の人は、本能的に「損得」で物事を判断してしまう。「損得」に支配されている。「損得」考えてから、ハイしか言えない。


金は入り口より出口を考えなさい!
→普通の人は、入り口(どうやって稼ぐか)しか考えない。でも、本当に考えなければいけないのは、出口(どうやって使うか)である。
→出口で意味のあるものに化けさせなければいけない。
→ほとんどの人の悩むことは、「他人との比較」である。人と比較して、こうありたい、あれが欲しい、、、


人生とは、命の使い方である。
使命感 = 「何のために?」
(使命感がないと、人生がブレる)


あがいている人間は、非常識なコトをするから成功する。常識の遥か上に、非常識があるんだ。


師匠に対しては、何事に対しても0.2秒でハイと返事をしなさい!
(全て受け入れて、何事も反論しない。自分の都合は一切、考えない。)


行動を起こさない奴は、夢を見るな、語るな!


★成功しない人の共通点
・できない理由

→「でも、、、」が口癖
→成功しない奴は、成功しない理由をいつも考えているからだ。
→モノが売れない奴は、売れない理由をいつも考えているからだ。
→夢が叶わない奴は、できない理由をいつも考えているからだ。

・先延ばし
→時間に対して甘い。
→「そのうち」が口癖。

★成功する人の共通点
・本気


頼まれごとは、試されごと
→頼まれたときは、客に何かを試されているとき。その期待を超えるものを提供しなさい。

posted by コッティ at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/講演会CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

E氏との会食

先日、あるセミナーで知り合った方のメンターと食事をする機会がありました。その方は、IT業界で成功されている方で、すでに自由人の方。

わずか90分程度のランチタイムでしたが、学ぶことが多かったので、ポイントだけ整理しておきます。


■ビジネスで成功するのに必要な基礎は?


それは、、、、






「運とツキ」




成功者は、運とツキを大切にするそうです。
「運とツキ」がベースにあって、そこからマーケティングやアイデア、人間関係、その他もろもろがあるとのこと。

では、どうやって「運とツキ」を呼ぶのか?


日々、自分の運とツキに感謝すること。

日々、自分の運とツキに気づくこと。

日々、運とツキのある人間と付き合うこと。




「運とツキの違いはなんですか?」との問いに、
運:運命としてツイていること(大きな流れとしてツイている)
ツキ:小さなラッキー
とのこと。



■寝ている間の潜在意識をフル活用

寝る前に鏡を使って自分に暗示をかけ、それから寝る。そして、朝、快適な目覚めを得ていれば、潜在意識にアクセスできた証拠。

寝ている時間を有効活用しよう。

睡眠は悪くない、才能だ。



■判断と決断

99%の常識人は、判断をする。
1%の非常識人は、決断をする。


決断をしよう!



■行動科学とNLPを勉強せよ

ビジネスで成功するためには、行動科学とNLPは必須です。


-----------------------------------------------------------

特に、睡眠中に潜在意識に働きかけることは、新たな気づきでした。僕は、昔からとにかくよく寝ます。未だに1日8〜9時間寝てしまう。これをネガティブに考えていて、なんとか克服しないとと思い、まったく克服されていなかった。。。しかし、これを逆手に取って、寝る前に暗示をかけることで「潜在意識にアプローチ」すれば、これは才能に変わる、ということ。
短所が長所になるわけです。

よし、今日もいっぱい寝るぞ〜〜〜!
posted by コッティ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

本田健「願望達成術」2日間セミナーを受講して

特に気づきだった部分をメモします。

・成功への恐れがある自分に気づいた
→「僕に限ってそんなはずない」と思っていましたが、よくよく深く考えてみると、深層心理で恐れている自分を見つけました。
イメージしているものに近いことを疑似体験して、成功への恐れを取り除こうと思います。例えば、外車が欲しければ外車の試乗をするとか。
不労所得であれば、まずは1万円とか目標値を低く設定して、想像しうる世界の範囲内に設定するのも有効かな、と思いました。

・静かなるワクワクの状態
→これは今まで意識したことのないことで、ここに成功の秘訣があるとは全く知りませんでした。他のセミナーで学んだ「目標型」も、この精神状態にいれば、より効果的かもしれません。

・自分の感情に正直に向き合う
→感情を科学することを学びました。そして、自分の感情の声に耳を澄ませる、ということにトライしてみたいと思います。

・自分の力で成功するのではない
→思えば、応援してもらって成功しているのでした。自分を研ぎ澄ますことにしかフォーカスしていませんでした。もっと応援されることを望んで、受け入れようと思いました。

・人間関係の力学の中心を目指す
→人間関係のマトリクス(ポジティブ自立、ネガティブ自立、ポジティブ依存、ネガティブ依存)自体が新鮮でした。また本田健さんの活動の全ては、この中心を目指しているそうです。

・がんばる必要はない
→これは、まさにパラダイムシフトでした。「好きなこと・ワクワクをやっていればがんばるという意識すらない」ってことです。

posted by コッティ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/講演会CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

日々の気づき〜安定感、自己重要感を求めるな

■安定感

人生に安定感を求めれば、求めるほど不安定になる

安定感には2つある。

・現在安定していなくて、不安定な状態
・安定状態になっているが、退屈な状態

いずれにせよ、不安定。

「変化を求めよ」

変化こそ、安定感の源。

駒は回転している時こそ、最も安定する。


■自己重要感

自己重要感ではなく、

「貢献」にフォーカスしよう。

自己重要感は、「もっと他者から愛されたい」という欲求に起因する。

「愛される」のを望むのではなく、「愛する」ことを望もう。
posted by コッティ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

アメリカ支社設立準備中

今、アメリカ支社設立に必要な書類の準備を進めています。

今まで、何人かの弁護士に会って得た知識を整理します。

アメリカで会社を作るには、3種類ある。

1.連絡事務所(Representative Office)
一番簡単に設立できるが、一切のビジネス活動は許可されない。基本的には、商品販売における市場調査のための短期間(6ヶ月とか)を想定した会社らしい。今回の僕のケースは、多少、収益が上がる予定なので、連絡事務所は該当しなかった。

2.支店(Branch Office)
現在、これを申請予定。
申請すれば、3日ほどで認可されるようです。弁護士に言われた資料さえ、しっかりと準備できれば問題なさそう。
確か弁護士費用と実費あわせて$3,000位だったような気がします。

3.現地法人
当たり前だけど、手間がかかる。それだけでなく、公開企業の場合、本店(日本本社)で支店の情報や会計などを公表する義務もあるらしい。

支店設立に必要な書類は、
・英訳の会社登記
・過去1年間の本店のFinancial Statement
・Branch OfficeのLease agreement
など。

我々の支店は、ビジネスパートナーの現地企業のオフィスにデスク1つだけを間借りさせてもらいます。

なので、大家⇔現地企業のオフィスの賃貸契約書、現地企業⇔我々の支店とのサブリース契約書の2つが必要で、今、その締結を待っているところです。

サブリースのために、大家にサブリース内容の確認をする必要があるとかで、予定より多くの時間がかかっています。

しかし、待つより他ないので、ただただ、待っている。。。
posted by コッティ at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | シリコンバレー永住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

日々の気づき〜感謝しよう、しかし満足するな

最近、よく感謝している自分に気づきます。

意識的にそうしている部分もあるし、本当に感謝している部分もある。

よく感謝していることは、

・僕の奥さん、いつも笑顔でありがとう。そして、誰にも作れない最高の料理をいつもありがとう。

・僕の両親、僕を育ててくれてありがとう。そして、いつも愛をありがとう。

・戦争もなく、飢餓もなく、平和で裕福なこの時代の日本に生まれることができて、感謝します。

・健康で、五体満足でありがとう。

・ある程度裕福で、仕事も順調でストレスもなく、ありがとう。

・偉大なる師匠に出会えることができて、ありがとう。

・善なる友人、職場の同僚に囲まれて、感謝します。

などなど。

でも、そのような感謝の気持ちを人に伝えたり、表現できているかというと、そうでもない。

感謝の気持ちを伝えるのが恥ずかしかったり、こういうのは自分のキャラじゃないしな、なんて思ってしまう。。。

これは、今年の課題である!

「感謝の気持ちを素直に表現し、人にインスピレーションを与える人間になる」

しかし、決して満足はしていない。

満足したら、そこで成長が止まってしまうから。

イチローだって、矢沢永吉だって、かつての中田ヒデだって、きっとそうなんじゃないかと思う。

「感謝しよう、しかし満足するな」

もっと上を目指さなきゃね。
posted by コッティ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

日々の気づき〜どれだけ欲しいか→どれだけ犠牲を払う覚悟があるのか?

ジョセフ・マクレンドンというアンソニー・ロビンスの右腕となっているコーチングの達人がいます。

僕の最も好きで、尊敬するメンターの一人です。


彼は、セミナーでこう言いました。


「欲しいものに対して、どれだけの犠牲を払う覚悟が出来ているかが大事だ。実際に犠牲を払う必要は、ないかもしれない。ただ、犠牲を払う覚悟は絶対に必要だ。」


以前、「結局、成功するかしないかは、どれだけそれが欲しいかどうかだ」という内容のエントリを書いたことがありますが、突き詰めると、「どれだけの犠牲を払う覚悟があるのか?」ということになると思う。

ジョセフは、家に対して400万ドルのお金を払う覚悟を決めた後、3週間後に200万ドル弱で新築の家を手に入れることができた、という経験談を話してくれました。

僕も、「どれだけアメリカに移住したいのか?」という質問に対して、「どんなことをしても移住したい。例え給料がどれだけ少なくなっても、例え奥さんにどれだけ迷惑かけても、例え両親にどれだけ反対されても、どんなことをしても移住したい!」と決めて行動した途端、向こうから道が開けました。

決断”とは、「決めて断ち切る」ことであるが、さらに厳密には、「決めて断ち切り、行動しつづける」ということだと自分の成功体験から学んだ。
posted by コッティ at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

リーダーの基準13段階

〔13段階〕自分の存在しているエネルギーだけで全てにポジティブな変化を与えることが出来る。
 →自分の存在のエネルギーだけで、下記すべてができるようになる



〔12段階〕社会の世界観を変え、常にポジティブな状態に出来る。
 →社会の世界観そのものを変えることによって、、(以下3や6や9と同じ)

〔11段階〕社会の状態を自動的にポジティブにするアンカーが作れる。
 →社会のためにアンカーをつくることによって、、、(以下2や5や8と同じ)

〔10段階〕社会の状態を一瞬でポジティブな状態に出来る。
  →いつでも社会の気持ちを一瞬にして切り替えることができるようになる



〔9段階〕 グループの世界観を変え、常にポジティブな状態に出来る。
→集団の世界観そのものを変えることによって、、、(以下3や6と同じ)

〔8段階〕 グループの状態を自動的にポジティブにするアンカーが作れる。
→集団のためのアンカーをつくることによって、、(以下2や5と同じ)

〔7段階〕 グループの状態を一瞬でポジティブな状態に出来る。
→いつでも一瞬にして、グループの気持ちを切り替えられるようになる



〔6段階〕 他人の世界観を変え、常にポジティブな状態に出来る。
→他の人の世界観を変えることによって、その人に起こる全てをプラスの解釈にするようにできる

〔5段階〕 他人の状態を自動的にポジティブにするアンカーが作れる。
→他の人のためにアンカーをつくることによって、他の人が気持ちの切り替えをする必要がなくなる

〔4段階〕 他人の状態を一瞬でポジティブな状態に出来る。
→一瞬にして他の人の気持ちの切り替えができるようになる



〔3段階〕 自分の世界観を変え、常にポジティブな状態に出来る。
→自分の世界観そのものを全て変えることによって、起こる全てをプラスの解釈にするようになる

〔2段階〕 自分の状態を自動的にポジティブにするアンカーが作れる。
→アンカーをつくることによって、(意識的に?)気持ちの切り替えをする必要がなくなる

〔1段階〕 自分の状態を一瞬でポジティブな状態に出来る。
→いつでも自分の感情、気持ちを切り替えられる


引用元:http://www.jamesskinner.com/inaba/2006/08/post_27.html
posted by コッティ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

役員会でアメリカ行きが承認された!

昨日の役員会で、いよいよ僕のアメリカ行きが承認された!

具体的に言うと、
1.シリコンバレーに支社を設立
2.そこへL1ビザで僕が駐在
3.僕はシリコンバレーのビジネスパートナーの事業を手伝う
というもの。

これから大急ぎで、1と2の書類を弁護士と共に作成し、アメリカ行きへの準備を進める。

いよいよ、11年来の夢が実現しつつある。

しかも、最高の形で。。。

アメリカに入国するその日まで、油断できないが、その日は近い!
posted by コッティ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | シリコンバレー永住への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。