2010年08月25日

早くスタートできることは才能だ

最近、二人のおもしろい人物に会った。

一人は高校生のiPhoneアプリ開発者。もう一人は40人規模の会社の経営者。

二人の共通点は、早い時期にスタートしていること。

高校生は、iPhoneアプリを1作作って、世の中の注目を集めた。

経営者の方は今、30歳なんだけど、ビジネスのおもしろさに目覚めたのは大学生の頃。そのまま、アメリカで起業して、現在に至る。


ま、世の中の注目を集めるかどうか、っていう基準は運も大きい。

でも、間違いなく、とてつもなく若い年代の人間がビジネスに興味を持って取り組んでいる、というだけで周囲の注目度は高かったのだろうと思う。当然、人も引き寄せられるし、若いというだけで十分、魅力的だ。

僕は高校、大学時代は音楽と女性にしか興味がなかった。ビジネスには、一切興味がなかった。

大体、学校ではどのような職業に付けばいいのかのアドバイスもくれないし、ましてや、職業の上位概念である「ビジネスを司どる」分野に興味を持つはずもない。

ここで学校の文句を言っている訳ではなく、学生時代は自分の身近なことに必死なのが普通、ということ。

今回知り合った二人は、ひょんなことからビジネスが身近な問題として認識できる環境にあった、という点が共通している。

で、後は、僕が音楽や女性にのめり込んだように、彼らはビジネスにのめり込んだのだった。

たったそれだけの違い。

でも、それは才能。

そして、それは若い時だけに起こる事象ではない。

いつだって、今この瞬間だって、それは起きている。

ただ、それにみんな、気づいていないだけ。

途中で僕は音楽を趣味の分野に押し込めたんだけど、彼らはそれを仕事にするという自然な流れを選んだ。

で、結果として、「おもしろいからやる」→「やると成果が出る」→「さらにおもしろくなって、さらにやる」→「さらに成果が出る」→...(略)という正のスパイラルを構築できたのだった。

彼らは若かったから、こんなこと、意識せずに済んだと思う。

でも、年取ると、この辺の意識レベルの改革が必要になってくると思う。

なぜなら、年を取ると、人間はずる賢く、効率的に生きようとするから。

じゃ、何を改革するのかを極言すると、「自分は何者で何をするために生まれてきたのか」という根源的な問いに帰依すると思うんだ。

その回答と、今やってる仕事が一致している人は、遅かれ早かれ、自分の思い通りな人生になるはず。


ということで、こんなブログを書いてる暇があったら、自分のことをやろう!

あなたも、こんなブログを読んでる暇があったら、自分のことをやろう!
posted by コッティ at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。