2009年07月15日

いつの時代もやる奴は、やる。やらない奴は、やらない。それは変わらない。

「いつの時代もやる奴は、やる。
 やらない奴は、やらない。それは変わらない。
 どうせなら、あなた、やる側にいたらどうですか?
 それは、あなた本人が決めることなんだから。」




その通り!

どんなに制度やシステムが素晴らしい時代になったとしても、やる奴はやる。

どれだけ助けを施しても、やらない奴はやらない。

ただ、時代によってやらない奴への呼称が異なるだけ。

ちょっと前は「フリーター」、今は「ニート」。さて次は?




それはさておき、どうせなら「やる側」にいましょうよ、ってのが20代の永ちゃんの提案。

「20代、ちゃんと走らないと30代のパスポート、もらえないよ」

っていう有名な言葉もあります。

ただし、永ちゃんはこの後、30代に入って気づきます。

「がむしゃらにただ突っ走っても、何も幸せじゃない」

40代に入って、やっと幸せを感じながら突っ走る方法を見つけることになるのですが、それはまた別の機会に。
posted by コッティ at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢沢永吉の言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。