2010年05月09日

1: Be, 2: Do, 3: Have by ロバートキヨサキ

図書館でロバートキヨサキの「キャッシュフロー・クワドランド」のCDを見つけたので、借りてみた。日本語の本は読んだ事があるけど、今回は英語のCD Book。内容が分かってるから、余計に理解しやすかった。


忘れてた内容が、「Be, Do, Have」ってことだった。

自分の所属しているクワドランドを変えることは、すなわち自分自身を変えることに他ならない。
つまり、物事の考え方、捉え方、言葉、態度、全てを変える必要があるからだ。
小手先のテクニック(投資方法や株のチャートの見方とか)だけでは、クワドランドを変えるほどの力を持たない。
みんな、失敗するのは、DoやHaveを先に変えようとするからだ。
Doを変えようとするのは、まだマシ。
Haveから変えようとするのが、多くの人がやる間違い。
そんなに金持ちでもないのに、ベンツに乗りたがり、家を買いたがる。
金持ちは、最後の最後にベンツに乗り、家を買う。
まずは、Beを変えないといけない。
そう、自分自身を変えないといけない。


久しぶりにロバートキヨサキの話を聞いてみて、CDのほとんどの内容がしっかりと自分自身の中に既に吸収されていることに自信を持った。
と同時に、やっぱりこういう情報に常に触れ続けておく事は、重要だなと再認識。しかも英語の勉強にもなるし。

久しぶりにキャッシュフローゲームに参加したくなってきた。
一度、こっち(カリフォルニア)で参加したことがあって、なかなか良かったから、また参加してみようと思う。
posted by コッティ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー/講演会CD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学でのスピーチ

http://sago.livedoor.biz/archives/50251034.html

ジョブスの個人的なことについてあまり詳しく知らなかったので、
とても参考になった。

また、このスピーチには多くの「成功する秘訣」が隠されていると思う。

ぜひ全てをしっかりと読んで、魂に刷り込もう。

僕は動画もダウンロードして、永久保存版にしました。

英語でスピーチを聴くと、印象が大きく違う。
僕は英語版の方がしっくり来ました。

以下、僕の言葉で短くまとめます。

--------------------------------------------

基本は、「愛」なんです。

自分のやってること、取り組んでる仕事をどれだけ愛せるか?

また、どれだけ愛せる仕事を持てるか?

自分が愛せる仕事を持つにはどうすればよいか?

自分の好きなことを起点として、探しつづけること!

見つかるまで探しなさい。

それに出会った瞬間に、それが君の愛する仕事だと一瞬で分かるから。

出会うまで諦めず探しなさい。

そして、それに出会ったら、

もっとそれを愛せるように、
もっとそれに誇りを持てるように、

自然と努力し続けるでしょう。

そして、今日が人生の最後の日だったとしても、昨日と同じことを

やり続ける人生を勝ち取ることができるはずだ。

--------------------------------------------
posted by コッティ at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 成功哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。